アユミンSとは何か?から、アユミンSの効果・口コミなどについて、実際に利用している私が、詳細について紹介します。

アユミンSに興味がある方は、是非ともご確認願います。

アユミンSとは

アユミンSは、漢方製薬研究所様が作った、手足のしびれや間接の痛みを和らげるサプリメントです。

関節痛や、手足のしびれの原因は、主に血行不良が一因となっています。

このアユミンS漢方の成分により、血行を促進し、

肩や腰、膝などの関節痛、神経痛の緩和。手足のしびれ、眼精疲労に効果を発揮します。

1日1回、錠剤を2~3錠飲むだけでツラい症状を穏やかにしてくれます。

効果が認められた医薬品です。(サプリメントと比較すると、医薬品の為、より強い効果が期待できます)

アユミンSはこんな方におすすめ

肩、腰、膝などの関節に痛みを感じる方

常時もしくは断続的に手足のしびれがある方

時折くる神経痛に悩んでいる方

肩こりが慢性的になっている方

スマホやパソコンで眼精疲労がある方

四十肩、五十肩で肩がスムーズに上げ下げ出来ない方

アユミンSの効果

神経痛や各所の筋肉痛。関節の痛み(腰痛や肩こり、四十肩、五十肩など)、手足のしびれ、眼精疲労等の緩和に効果が期待できます。

ただしこれらの症状について、使用して1ヶ月経過してもなんら改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談される事をおすすめします。人により効いたり効かなかったりというのはどんな場合でも起こりうる事ですので、効かない場合は、相談してみることをお勧めします。

※このアユミンSを飲めば、誰にでも上記の効果が確定するものではありません。個人差というものがありますので、その点はあらかじめご了承願います。

アユミンSの口コミ

50代女性

証券会社に勤務。午前中は外回り、午後はデスクワークが中心。50才を超えたときぐらいから相当強い肩こりに悩まされ、アユミンSを飲み始めました。

飲み始めて1週間ぐらいをしてきた時から、少し体が温まってきたなという事を感じ、その後は徐々に肩こりが緩和しています。

ちょっと遅効性というのが問題ですが、毎日飲むだけで、徐々に痛みがあった事も忘れられるので、今では手放せない商品になっています。

60代男性

運転中、びくっとくるような手の痺れがありました。そこからは断続的に、時間や状態を選ばず突然痺れが襲ってくるようになりました。

最初の時は、知人友人などに聞き、マッサージや針などに通っていましたが、症状はあまり改善せず、最終的には妻の意見でこのアユミンSを試してみました。最初の時は半信半疑、こんなので良くなる筈ないと考えていましたが、飲み始めてからというもの、手の痺れの頻度はかなり減りました。完治には至っていませんが、突如くる痺れは時間帯を問わず、時には夜中にも来るもので、このアユミンSを飲むことで、色んな意味で何もない時間(痛みがない時間)を感じることが出来、それが非常に幸せだと実感しています。

40代女性

接客業をしています。常に動いているからか、関節痛が気になる年になりました。

痛みが断続的にくるので、何とかそれを抑えようと、仕事が終わった後、家に帰っていつもより余分に休んだりしていましたが、一向に症状が改善しません。

そういう場合、暖めた方が言いと言う友人のアドバイスで、休みの日は、都内の日帰り温泉で過ごすようにしていましたが、それでも症状が改善せず、どうしようかと不安を抱えてた際、職場の同僚にすすめられ、アユミンSを飲み始めました。

アユミンSを飲み始めてから丁度半月程たった時でしょうか?仕事でいつも決まっている休憩時間に、いつも感じていた、ジクジクとする関節痛が、あまり無い事に気がつきました。

その後は段々と痛みが少なくなっています。

完全に痛みが無くなる訳ではありませんが、気にならないぐらいにまでなりました。

今までの痛くて辛い日々を思い出すと、もう少し早くこの商品を試していれば良かったなと思っています。

60代男性

色んな意味で体にガタがきているのを強く実感する年齢になりました。年々疲れやすくなっている事、体力の衰え、内臓の衰えなどを実感するようになってから、健康の為、アユミンSを手に取りました。私自身は予防の意味でこの商品を使っていますが、使ってからはあまり体の不調を実感しなくなりました。決定的な理由は良く分かりません。もしかしたらアユミンSを飲めば治るという思い込みの効果なのかもしれません。しかしながらとにかく効果は実感していますので、今も飲み続けています。

アユミンSをお得に購入するには

アユミンSがアマゾンや楽天などのネット通販で売っているのか?またマツモトキヨシやドン・キホーテなど、市販での取り扱いや販売があるのか確認してみましたが、2020年4月時点ではどのお店も取り扱いはありませんでした。

購入できるのは公式サイトのみのようです。

購入をお考えの方は、下記からお願いします。

しびれ神経痛などをお持ちの方へ

私自身が、強度のしびれ、神経痛の経験者なので、その経験から感じた事を書かせて頂きます。

先ず神経痛のたぐいというのは、突然何の前触れもなく訪れます。また最初は気のせいだろうと思ったりもしますが、継続的に感じる場合は、おそらくですがその後も継続します。また症状がどんどん悪化する場合もあれば、軽度のまま継続する場合もありますが、要するにこの状態になってしまったら、改善が必要です。

しびれや神経痛になった後は、医者にいったり、ハリ治療、按摩など、良いもしくは緩和される事を色々と試してみましたが、結論から言うと、これだよ!という処方薬は期待できません。神経痛事態が解明できていない、処方薬が特定できない病気のようで、どこに言っても、はっきりとした答えは言ってもらえません(この先も同じ痛みを抱えるのかと思うと本気で不安になります)

それでは困るのでしつこく食い下がると、最終的には不明な点が多く、これといった処方薬が無い。患者のストレス軽減、食生活改善、適度な運動など、一般的な病気の回復に必要なことをやったほうが良いという回答で終わります。

但し激痛だったり、またその激痛がいつ起こるか分からないのが不安で見てもらっているのに、また運動できるような体なら運動しますと思いますが、その点に関しては、やはり健康なというか、神経痛になったことがない人は分からないようで、とりあえず先の不安とか、今の神経痛の痛みに関しては、とにかく考えないようにすること!これが一番です。

考えても無駄だからです。そんな事分かっていると言われそうですが、テレビを見る、食事をする、本を読む、音楽を聴く、なんでも良いから他のことをして、少しでも忘れるように努めましょう。

そのようにして、無駄なストレスを感じないようにしながら、散歩とか、若干の運動をし、また食事、睡眠(寝ている間に激痛が起こることもありますが、これは戦いです。頑張りましょう)などもしっかりと取りながら、体調だけは適度な状態に保っていくように頑張っていきましょう。

その間に、ここで紹介するアユミンSなどを試してみるのもアリだと思います。

私はアユミンSで、症状がかなり軽くなり、何をするのも楽になりましたが、人それぞれ個人差、効果の有無もあるそうなので、それに関しては何とも言えませんが、神経痛などが発症するのは、とにかく体が弱っている、悲鳴を上げているサインであることに変わりはないと思います。なので、そんな状況なんだという考えで、出来るだけご自愛することが大事だと思います。一般的な回答になってしまっていると思いますが、どんな状況にあっても、やけくそにはならず、希望をもって前向きに生きる。変な精神論ではないですが、これが根幹にあり、其の上で、食事、睡眠、適度な運動などを継続する。それが徐々に改善に向かって進むものであると個人的には考えています。

皆ある程度の年になれば、色んな体の悩みがついてくるものです。ある部分は割り切り、前向きに生きる。その為には1日1日の積み重ねが大事です。

自分で自分をダメにしないで、常に希望と目標をもって頑張って生きましょう。本当につらい人にはちょっと厳しい言葉かもしれないので、無理にではありません。できる範囲で、少しでも頑張っていければ、もしくはそういう気持ちになるのが大事かなと思います。お辛いと思いますが、お互いに頑張っていきましょう!

投稿日:2019年1月17日 更新日:

執筆者:

関節痛の痛みに効く「アユミンS」

新しい記事はありません